自身のデザインが叶う注文住宅の極意【川崎マイホーム研究所】

費用の前後

押入れ

結婚をして久しく賃貸に住んでいた人が、一戸建てに住みたい思った時にいくつか選択肢があります。一つが建売住宅を購入することです。二つ目が注文住宅を建設することです。三つ目が中古の住宅を購入することです。では、この中でどれが一番ベストなのかと言えば結局はその夫婦が何を求めていか、つまり何に価値を感じるかでしょう。もし、自分のデザインした家を購入したいというのであれば注文住宅か中古住宅を購入してリフォームするという方法があります。注文住宅がいいか中古住宅をリフォームするかがいいかは金銭的な問題とどの範囲までデザインできるかによるでしょう。例えば新築注文住宅に対して中古住宅を購入してリフォームする場合のほうが安く上がりますが、中古の骨組みを利用するためデザインに限界があるのです。多少お金がかかってもいいと言うのであれば注文住宅がベストでしょう。

デザインの自由度が高いという注文住宅ですが、建売住宅と比べると平均的には価格が2,3割高くなることから、注文の住宅と建売住宅の購入の比率は1対2ぐらいということです。今後はでは今後はどのような動向になるでしょうか。単純に考えて不況が続き、消費税がアップするなどの負担が増えれば増えるほど建売住宅や中古住宅のほうが人気が高くなるはずです。しかも昔のように30年以上の長期的なローンを組みたがらない若者が増えてきています。その理由は先行きが不透明でいつ会社がなくなるかわからないという不安からです。とは言え、物が溢れている世の中で、ありふれたものには魅力を感じない人も多く、今後は単に価格だけではなくデザインを重視していく傾向があることも事実なのです。