自身のデザインが叶う注文住宅の極意【川崎マイホーム研究所】

理想を叶える家

綺麗なリビング

住宅を建設してから後悔しないためにも、家づくりにはしっかりとした計画と準備が必要です。ある程度頭の中で決まったら予算をどのくらいにするか、建設する新居のコンセプトを考える必要があります。それが固まってから、どのくらいの予算でするのかある程度決めてから、土地などを検討しましょう。マイホームを建てるための土地を探さなければありません。実際自分の目でどんな場所なのか確認しましょう。土地が購入できたら、次は設計事務所を選ばなければなりません。信頼できる所を見つけることが大事で、口コミやインターネットなどで情報を集めるといいです。工事が決まったら、建設に向けた準備していきます。住宅ローンの申し込みなどをしておきます。

家を建てるときに調べていくと注文住宅と建売住宅はどちらが安いのかと考える人がいます。安いのは圧倒的に建売住宅ですが、建売のデメリットは建築工程が不透明なことです。建材も不明で施工管理がどうなっているのか構造もわかりません。しかしその分安いです。物にもよりますが数百万円の差が出てくることもあります。なぜこんなに差が出てくるのかというと、注文住宅には人件費も含まれているからです。建売だと人にもよりますが3回から4回ぐらいの見学の方が多いそうです。何度も足を運ぶ人はいません。注文住宅となれば数ヶ月くらいの期間が必要で何十回も打合せをしなければなりません。この辺りの作業のことも価格に反映されてきます。