自身のデザインが叶う注文住宅の極意【川崎マイホーム研究所】

周辺にも考慮する

民家

住宅はその購入方法の違いによって2つに分けられ、1つが建売住宅でもう1つが注文住宅です。この2つはそれぞれ住宅を購入する点では同じですが、そのプロセスには大きな違いがあります。注文住宅の場合は施工主が建築家などと相談して住宅を一から設計をしていき、施工会社はその設計を元に施工主の依頼を取り込んだ住宅を建設します。一方、建売住宅は最初から土地と建物がセットで販売されている物件で、間取りや仕様が決められているのが特徴です。設計に自由度がない分、大量生産によるコストの削減が可能で値段が安いのが大きな利点です。注文住宅に比べると建売住宅は、購入した人のこだわりを反映できる範囲が極めて狭いですが、購入してすぐ住める点と価格の安さが魅力となります。

建売住宅は最近ではセミオーダータイプが増えており、今後はこのセミオーダータイプの建売住宅が主流となる可能性も秘めているほど、普及をしています。セミオーダータイプの建売住宅は、注文住宅と一般の建売住宅の間に位置することになります。自由設計ではありませんが、施工依頼主はいくつかの内装プランから自由に好きなものを選んだり、キッチンを複数のタイプから選択したり、バスルームの導入するメーカー設備を選択するなどが可能です。メーカーにもよりますが、その選択できる範囲は幅広く、これらの選択の組み合わせで注文住宅のような独自性と機能へのこだわりを確保することができます。セミオーダータイプの住宅は注文住宅ほど施工価格が高くなく、ある程度の自由性が担保されているのが最大の利点です。